2013年09月16日

器入荷: 林英樹 ご飯茶碗 @shop

熊本は今日お祭りです。
ドーカードーカイという掛け声の元、勢子が飾り馬と共に街か駆け抜けます。
熱い熊本の夏の最後を飾るこのお祭りが過ぎれば秋が来る。
そういう風物詩の一つです。
そんな中、台風が各地に被害をもたらしているようですね。
京都での避難勧告は数十万人へ向けたものとの事。
くれぐれもご用心くださいませ。

■林英樹
飯碗 各色 1680円 
IMG_6274
IMG_6277


カジュアルなご飯茶碗です。
とても手頃で贈り物にも良くご利用いただいております。

うつわ屋Living&Tableware @shop

さあいよいよ来週になりました!!!
EPSON001

うつわ屋Living&Tableware 「15周年記念企画展」第4弾
■「陶と磁」
9月21日(土)〜10月6日(日)
陶:松村英治 田鶴浜守人   磁:角田淳 山口利枝

※作家在廊:山口利枝(21.22日)松村英治(21日予定)
※15周年を記念し3000円以上お買い求めいただいた方にpandocoroの美味しいお菓子をプレゼントいたします!(数に限りがございます)

いつもうつわ屋をご利用くださいまして誠にありがとうございます。
当店はこの9月1日をもって満15歳を無事迎えることが出来ました。
これも単に皆様のご愛顧の賜物だと感謝いたしております。
長いようであっという間の15年。まだ高校1年生といったところのひよっこです。
より良いうつわ屋を目指し頑張って参ります!
今後ともどうかお引き立てくださいますようお願い申し上げます。

今回題材の陶と磁。
あえてシンプルに15年食べさせてもらった「やきもの」の
その素材にスポットを当ててみました。
陶器は土を原料にしたざっくり感と温かみ。
磁器は石を原料にしたかっちり感と透明感。
この代表する形容詞にビタッとハマる、
現代人気作家の4人の方々にお願いしております。
本展は陶器と磁器の対比がとても分かりやすく感じていただけます。
また各々の魅力がいかんなく発揮された、素朴で素敵な作品ばかりです。
一緒に使ってこそ食卓が完成する「陶器と磁器」。
うつわ屋が提案する”プリミティブ”をお楽しみくだされば幸いです。

うつわ屋Living&Tableware @gallery

その後の実店舗イベント:

■ヤンマのお洋服の受注会&伊東製靴店”靴”の受注会
10月20日.21日  
IMG_0107HC-01~1


■余宮隆展
12月7日〜12月23日(予定)

うつわ屋Living&Tableware @gallery

Facebookハジメマシタ!たくさん「いいね!」していただくとウレシイです。→☆

kumamotoutsuwaya at 15:54コメント(0)トラックバック(0)2013年[GALLERY]個展イベント | その他器 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Categories
Archives
記事検索
livedoor プロフィール

kumamotoutsuwaya

熊本県合志市の光の森近くにて、全国の作り手による普段使いの和食器や暮らしの雑貨を扱っています。

  • ライブドアブログ