2018年02月05日

器入荷:小林徹也 @shop

【入荷案内:小林徹也】
※店舗外壁工事中です。ご迷惑おいかけいたします。第二駐車場をご利用ください。
IMG_20180205_112202_951
IMG_20180205_112202_948
IMG_20180205_112202_945
IMG_20180205_112202_944
IMG_20180205_112202_950
IMG_20180205_112202_958
IMG_20180205_112202_959
IMG_20180205_110342

■小林徹也
貫入シリーズ
リム皿6寸3000円 8寸5000円
5寸皿 2300円
タンブラー 2200円
そばちょこ 1800円
丸湯呑 2000円
ボウル6寸 3500円

今日は新しい作家さんをご紹介。
小林徹也さんです。
多彩な作家で渋いものも釉薬を様々扱いやっています。今回はこれ。貫入シリーズ。
さらっとした釉薬調子が心地よく、染められた渋がカッコいい貫入がポイント。
毎日の食卓に凄く素敵な器です。
店頭販売のみお受けいたします。


雪のちらつく熊本の朝。
最高が1度の予報に震えます。
だいたい熊本は毎年12月までは時にシャツ一枚といった陽気のはず。
それが11月に正月にはじめて着るダウンを着る始末。
今冬はしばれます・・・・。
そんな連日の寒さの中、土日は多くのお客様に自宅用にギフトにと使ってもらい感謝です。

そして今月は常設月間。イベントがありません。
昔はイベントが無いのが当たり前だったんですが、時代も変わりました。
この数年うちでもイベントが多くなってきました。
それはSNSの普及により作家(ブランド)を身近に感じる様になったから。
SNSの普及によりネットショップも含めお店を簡単に初める様になったから。
その結果イベントはリスクの低い仕事なのでマッチしたんだと思います。
そんな昨今。作る側がイベントに駆りだされすぎて、常設の注文に応えられず
納品が無くなってきました。だからというのもあって目まぐるしくもある程度イベントを意識し作品の入荷の機会を作ってきましたが・・・ふと我に返るこの頃。

基本うちは食器屋です。お客さんが器を買いたいときに提供するのが使命です。
うちの常設時の商品はすべて買い取っています。委託ではありません。
地域のニーズに合わせてお客さんのあらゆる要望の最大公約数を取れたらと思って努力し続けています。
うちの絞り込みはテイストでも作家でも無く、「アイデンティティ」。その姿勢だと思います。
いままで20年。ギャラリー色を出さなかったのは食器屋でいたいからでした。
これからも街の食器屋でやっていく。
うつわ屋は今後も常設に力を注いで参ります。いま欲しいに応えてまいります。
うちなりの今の食器を揃えてまいりますね。
ここに来ていただく意味を考えてこれからも頑張って参ります。

2月の休業日:毎週水曜日

うつわ屋Living&Tableware

これからのイベント::

03
■オクリモノ展
2018年3月2日(金)〜3月25日(日)
参加作家:阿部誠・滝沢三奈子・浜坂尚子・安見工房・高山愛・高橋協子・市山富美子・馬川祐輔・吉澤奈保子・山本哲也・矢島操
春は出会いと別れのシーズン!お世話になったあの人に。自分へのご褒美に。素敵なウツワいかがでしょうか?
※期間終了後にオンラインショップ通販を行います。

■ヤンマの受注会
2018年4月1日(日)と2日(月)

■本郷里奈展
2018年4月20日(金)〜5月6日(日)

■夏の器展
2018年5月25日(金)〜6月17日(日)

and more・・・・・



☆うつわ屋Living&Tableware 
〒861-1112
熊本県合志市幾久富1647-240
T/F 096-248-8438
ホームページ http://www.utsuwaya.net
オンラインショップ http://utsuwaya.shop-pro.jp/
メールアドレス info@utsuwaya.net
メールアドレス kumamotoutsuwaya@hotmail.co.jp

”Instagram” はじめました。ユーザー名「utsuwayakumamoto」で登録しております。
たくさんのフォローをお願いいたします♪ →☆

うつわ屋のFacebookページです。 たくさん「いいね!」していただくとウレシイです。→☆

kumamotoutsuwaya at 12:38コメント(0)小林徹也  

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Categories
Archives
記事検索
livedoor プロフィール

kumamotoutsuwaya

熊本県合志市の光の森近くにて、全国の作り手による普段使いの和食器や暮らしの雑貨を扱っています。

  • ライブドアブログ