山の口焼

2008年11月06日

火曜、水曜とお休みして天草へ。
目的は、いつもお世話になっている朝虹窯の余宮さんの移られた工房へ
遊びに行くこと。
「築100年の古民家に工房を移しました。遊びに来ませんか?」
その甘い誘いに夫婦2人で行ってきました。
釣りが趣味の僕としてはお土産がてらに釣り糸たらさねば気がすまない。
松島でボート釣りの一コマ。(すっぴんの妻に配慮してモザイク。)

BlogPaint

釣果は後ほど。青空の下最高の時間。
釣りを堪能したあとはお目当ての古民家その名も耕雲亭へ。
屋号がつくほど立派な佇まい。
町の方々が管理をされていただけあって状態は最高。
がっしりと重厚感のある木材を使い、きしみがないのにはびっくりしました。

IMG_7762
IMG_7741


なんと土間には囲炉裏があり、

IMG_7751

鍋をつつきながら、お酒をのみのみ!
IMG_7752

お昼の釣果もおいしくいただきました。
余宮さんとは未来を語り合える貴重な仲間。実に充実した楽しい時間でした。

「千鳥足ってこんな感じなんだ」と実感するほど飲んで倒れるように就寝。

最高の環境で作陶が出来る余宮さん。
今後の作品作りにインスパイアされること間違いなしでしょう。
実に楽しみにしています。でもうらやましい。。。

次の日は天草大陶磁器展へ。
天草には多くの窯元が存在します。県内外の60件ほどの作家、
窯屋が集合したイベントです。

余宮さんのブースです。
yomiya


またお世話になっている野村典子さんと1枚!相変わらずワールド全開です。
nomura


そして余宮さんの紹介で山の口焼の辻口さんのもとへ。
IMG_7767
IMG_7770

素敵な空間に素敵な作品!
作品の取り扱いも少しですが行うこととなりました。
辻口さんも同じ年。ご縁を感じます。さっぱりとした良い男です。

お昼は余宮さんに連れて行ってもらい本渡にある「鮓 たいと」さんで
ちらし寿司をいただきました。
susi

新鮮なネタに若いオーナーの技が光り、最高にうまかったな〜。
天草市浄南町100-1 0969-22-2505 近くに行かれる際は是非!!

そんなこんなでだらだらと書いてしまった天草紀行。
余宮さん本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。
またたくさんの良い出会いに感謝。
とても楽しく、有意義な旅になりました。

余宮さんと山の口焼辻口さんの作品を頼んできました。
また後日ご紹介いたします!

kumamotoutsuwaya at 17:40コメント(2)トラックバック(0) 
Categories
Archives
記事検索
livedoor プロフィール

kumamotoutsuwaya

熊本県合志市の光の森近くにて、全国の作り手による普段使いの和食器や暮らしの雑貨を扱っています。

  • ライブドアブログ